保科由里子の point of view about theatre

番組内容

この番組は、演出家・劇作家の保科由里子が演劇やミュージカルに関する作品に触れて、その感想を「舞台ファン」としてお話していきます。

番組HPへ

パーソナリティー

保科 由里子
俳優。劇作家・演出家。翻訳、演技・歌唱・英語指導。
日本大学芸術学部音楽学科声楽コース卒業後、単身渡NY。
以後、OFF、OFFOFFブロードウェイの舞台を中心に活動。NY唯一の日本人キャバレーパフォーマーとしてもワンウーマンミュージカルコメディキャバレーショーを
7年間セルフプロデュース・作・主演する。
2005年「紙風船」(作:岸田國士、演出:小川絵梨子)の 英語上演による演技を評価され、NYTimes紙に劇評が掲載された。
11年2ヶ月のNY滞在を終え、2009年帰国。
《チームホッシーナ(全て作・演出)》
・第一回劇場公演「デカレオン伝説」@APOCシアター(2014年1月)
・NYスタイルcabaret公演vol.1「愛ちゃんミッちゃんごきげんテレビ〜岸
祐二編〜」@新宿ミノトール2(2014年3月)
・カフェ公演「ダルマdeシアターPART3」@APOCカフェ(2014年6
月)
・KIDS公演その1「風も銀河もどっどどゴゴンどどうどゴーゴー」@SPACE
雑遊(2015年4月)
・第二回劇場公演「けんじとケンジと億年兆年億兆年2015年」@SPACE
雑遊(2015年4月)
・カフェ公演「ダルマdeシアターPART4」@APOCカフェ(2015年6
月・7月)
・youtubeドラマ第一弾「そして僕もいなくなった」(2015年)
・KIDS公演その2「寝たり読んだり走ったりりり」@日暮里d-倉庫(201
6年3月)
・第三回劇場公演「ザ・ハッピーファミリー!」@日暮里d-倉庫(2016年
3月)
・朗読劇noイチ「同窓会とか」@APOCシアター(2016年6月)

オススメ番組

PAGE TOP