義太夫三味線の鶴澤三寿々と能管の滝沢成実の和楽器ボン・ボヤージュ

番組内容

この番組は、義太夫三味線演奏家の鶴澤三寿々と能管演奏家の滝沢成実がそれぞれの楽器についてとツアーの話をメインに進めていくトーク番組です。
当然なんですが、舞台では声を発することは基本的にないので、ぜひ演者の私達の声を聴いていただき楽しんでいただければと思います!

パーソナリティー

鶴澤三寿々
義太夫三味線演奏家

平成3年 社団法人義太夫協会主催義太夫教室第43期修了 同年竹本駒之助に入門。
平成6年 国立演芸場「七福神宝入船」で初舞台 鶴澤三寿々となる。
以降主に「女流義太夫演奏会」(於国立演芸場)に出演するほか、
「じょぎ」「ぎだゆう座」(上野広小路亭)などの若手勉強会に継続的に出演。
また、NHK「芸能檜舞台」「邦楽のひととき」や、「三越名人会」(三越劇場)などに出演。
平成13年より「素浄瑠璃の会」を主宰。
平成18年 国立劇場主催「明日をになう新進の邦楽・舞踊演奏会」に出演。
平成11年度 芸術家団体協議会(芸団協)助成義太夫協会新人奨励賞受賞。
平成13年度 文化庁芸術インターンシップ研修員。
平成18年度 財団法人清栄会奨励賞(伝承者部門)受賞。
社団法人義太夫協会正会員[/profile]

滝沢成実 能管演奏家
WEB SITE
能楽囃子の笛(一噌流)を一噌幸政に師事。東京芸術大学音楽学部楽理科卒業後、同大学邦楽科で笛の研鑽を積み、演奏活動に入る。能管の他に龍笛、篠笛もフリースタイルで演奏する。様々なジャンルの演奏家、ダンサーと新作、古典、創作パフォーマンスで共演し、海外公演多数。リチャード・エマートの新作英語能、Yuriko DoiのTheatre of yugen(米)、ローラン・テシュネのアンサンブル室町などに参加。多くの初演に係わっている。

番組HPへ

オススメ番組

PAGE TOP